「事業者ローン」のメリットとデメリット~会社をどう守る?

キャッシングは一般的には個人で、短期的にお金が足りなかった場合に、それを補てんする目的で使われることを想定されています。しかし、それだけではなく、事業を営んでいる人、言い換えれば経営者向けのキャッシングも中には存在しています。これを「事業者ローン」と呼ぶ場合もあります。

事業者ローンは、会社への融資ですので、通常のキャッシングと比較して、限度額が高く、1000万円を限度にしている場合が多いようです。

もちろん、どんな場合も1000万円借りられるわけではありませんのでご注意を。また、資本金の多い企業向けはほとんどなく(これは銀行や信金のカテゴリーです)、会社化していない個人事業主や零細企業(従業員数名)向けに特化しています。

無担保、無保証人が原則で、審査の時間が短いのがポイントです(さすがに個人向けのように即日とはいかないようです)。

経営を改善するための資金であるので、会社の「通知表」である決算書の提出が求められます(通常、個人のキャッシングの場合は決算書は必要ありません)。

担保は取られませんが、不動産の登記簿謄本の提出を求められることもあります(心理的に逃げられなくする意味もあります)。決算書によって、本当に返済能力があるのか査定がされ、返済が可能な範囲で融資の限度額が決定されます。

場合によっては、希望額から減額されることもあり、本当に会社の経営に資するものか判断されるので注意してください。

 資金使途は、運転資金に限る場合がほとんどです。従業員の給与や、会社の家賃、取引先の手形の支払など、必ず支払う必要があり、しかも急を要する場合、事業者ローンが役に立ちます。

逆に言うと、急を要しない場合は、できるだけ事業者ローンの利用は避けたほうが賢明です。なぜなら、銀行や信金などから融資を受けようとする場合、キャッシングの利用歴や、現在の借り入れがある場合は、融資の査定が大幅にマイナスになってしまうからです。

経営がうまくいかなくて、高利のローンに手を出してしまったという判断になります。ですので、事業者ローンの利用は本当に困ったときの最後の手としてください。

このページの先頭へ